キャッシングの電話確認では何を聞かれるの?

カードローンを申し込みすると基本的に2回電話確認が行われます。1つが本人の携帯電話にかかってくる本人確認の電話です。もう一つが勤務先に連絡を取る在籍確認の電話となります。これらは基本的に省略することができないので、キャッシングするときは頭に入れておくと良いかもしれません。本人確認の電話では、申し込みの目的や利用用途、所得や勤務年数、生年月日などの確認を取られます。申し込み内容に間違いがないかを確認することを目的としているのでそれほど身構える必要はありません。在籍確認の電話は申し込みの際に記入した勤務先が間違っていないかと本当に勤めているかを確認するためのものです。在籍確認に関してはキャッシング会社によりますが、電話以外の方法を取ってくれるケースもあるのでどうしても審査が不安、職場に連絡があると困るという方は相談してみるのも良いかもしれません。キャッシングするにあたって審査の電話は気になるものですよね。相談しておけば柔軟に対応してくれるので事前に一度連絡してみるのも良いかもしれません。

電話確認なしのキャッシングもあります

キャッシングをするためには、申し込んだ人の返済能力を確認するための審査が行われます。審査に通らなければ、当然融資を受けることができません。審査を通過するための重要な項目が、電話で行われる勤務先への在籍確認です。申告した勤務先に本当に在籍しているかの確認で、会社名などを名乗ることなく個人の名前で電話をかけてきますので、会社の人に怪しまれることは少ないです。しかし、この在籍確認が原因で周囲の人にキャッシングしたことが知られてしまうことも少なからずあります。そのため、周囲の人に知られずにお金を借りたい場合に、キャッシングをためらう理由となってしまうかもしれません。けれど、一部のキャッシング業者の中には、電話確認なしの審査を行っているところもあります。そのような場合、本人であることが確認できる、運転免許証や健康保険証など書類のコピーに加え、現在の収入を証明することが可能な源泉徴収票等の書類のコピーが必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *